読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ミヤベイワナ

Salvelinus malma miyabei Oshima, 1938

形態・特徴 体側にある橙色の斑点は小さく、瞳孔径の50%未満である。背鰭に斑紋はなく、胸鰭が小さいことなどが特徴。本種は然別湖のみから報告されてい種であるが、オショロコマと亜種関係にあるとされ、本種の方が胸鰭が大きく長いことなどの違いが見られる。
分布 北海道然別湖の固有亜種。
生息環境 産卵期は9~11月とされる。然別湖特産の固有亜種で、産卵期には流域河川を溯上することが知られている。障害物のある暗めの環境を好むようである。
食性 小型魚類や甲殻類、昆虫などを食べる動物食性。
その他 然別湖に陸封され、独自に進化し残存しているのが本亜種である。2007年に公表された環境省レッドリストでは絶滅危惧Ⅱ類に指定されており、保全の必要性が指摘されているほか、北海道では天然記念物に指定され、実際に保護活動も行われている。養殖が行われているものが食用として出回るほか、毎年一度だけ夏季に期間と人数を制限した遊漁も解禁される。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する