読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

タイワンドジョウ

Channa maculata (Lacepède, 1802)

外来種 外来種

形態・特徴 カムルチーと似ているが、本種は全長60cm程度までであり、1mを超えることもあるほど大きくなるカムルチーよりは小型である。また、カムルチーよりも体側の斑紋が細かく、数が多い傾向がある。より正確に見分けるためには、本種の背鰭軟条数は40~44本であるのに対して、カムルチーでは45~54本であること、本種の臀鰭軟条数は26~29本であるのに対して、カムルチーは31~35本であることを確認すると良い。
分布 和歌山県、兵庫県、石垣島。原産地は福建省以南の中国、ベトナム、台湾、海南島、フィリピン。
生息環境・生態 水草の繁茂する静水域を好み、河川下流~中流の緩流域やワンド、ため池などに生息する。カムルチーと同様に産卵は夏に行われ、浮葉植物の浮葉をよけて巣を作り、浮性卵を産む。親魚は雌雄ともに卵および仔稚魚を保護することが知られている。上鰓器官という空気呼吸器官を持っているため、水面に浮上して空気呼吸を行う姿が観察されることもある。
食性 魚類や両生類、昆虫や甲殻類などを捕食する動物食性。
その他 日本では中華料理で時たま見かけることがあるくらいであるが、本種を原産する東アジアの各国では美味な魚として知られる水産上重要種である。様々な調理方法で賞味されているようであるが、ヒトにも寄生することのできる顎口中と呼ばれる寄生虫の中間宿主であるため、よく火を通す調理をしないと危険である。
1906年と1916年に台湾から養殖目的で輸入されたのが、日本へ持ち込まれた最初の記録となっている。在来の水生生物へ捕食を通して悪影響を与えることが懸念されており、2004年6月から施行されている「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(通称;外来生物法)」において要注意外来生物に指定されている。しかし、オオクチバスやブルーギルなどのような北米産の外来種よりも目立った生態系改変の報告はなく、これは東アジアで日本の在来魚類とタイワンドジョウ科魚類の祖先が共進化してきたことが関係しているのではないかという仮説が立てられている。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 兵庫県 明石市 野池

2010.05.19

中国 (東京都台東区上野の中華食材の店で購入)

2015.07.24

日本 兵庫県 明石市 野池

2010.05.20

日本 兵庫県 明石市 野池

2010.05.25

日本 兵庫県 明石市 野池

2010.05.30

日本 兵庫県 加古郡 稲美町 天満大池

2009.09.23

日本 兵庫県 加古郡 稲美町 天満大池

2009.09.23

日本 兵庫県 明石市 野池

2011.08.26

日本 兵庫県 明石市 野池

2010.05.20

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する