読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ゴウシュウマダイ

Pagrus auratus (Forster, 1801)

外国産 外国産

形態・特徴 日本のマダイとは非常によく似ている。実際にmtDNAの研究においては、本種とマダイは、同種のうちの異なる亜種であるとしている報告があるほどである。日本のマダイとの形態的な違いは、本種では後頭部が隆起し、また頭長に対する背鰭第1棘長及び臀鰭第1棘長比などがあげられる。本種もマダイ同様、体側の背部に小さな青斑がある。成魚では体長1mにも達する大型種である。
分布 オーストラリア、ニュージーランド北部とされる。しかし、フィッシュベースによると、あとフィリピン、インドネシア、中国、台湾、日本となっている。中国、台湾、日本のものは「マダイ論議」の範疇であろうが、東南アジアに分布しているものは、どちらだろうか、再検討の必要があると思われる。
生息環境 沿岸域~やや沖合にすむ。日本のマダイ同様春から初夏(10~1月)に20~70mの深さで産卵するという。冬はやや深い場所にうつり、夏は浅い場所に現れるが、大きな回遊はしない。
食性 肉食性で動物質のものなら殆どのものを食うという。大きいものはウニも噛み砕いて食べてしまう。
その他 食用魚として、また遊漁の対象として重要なもの。職漁としては底曳網で漁獲されている。日本もよく本種を輸入している。かつては冷凍品が主だったが、1971年以降は航空便により鮮魚も輸入されている。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

オーストラリア モーニントンピア

2006.01.25

ニュージーランド Wellington

2010.04.25

オーストラリア パースリーベイ

2007.11.26

オーストラリア ゴールドコースト沖

2007.11.26

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する