読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

イラコアナゴ

Synaphobranchus kaupii Johnson, 1862

形態・特徴 棒状の長い鱗をランダム配列で有する。口は大きい。左右の鰓孔は近接し、肛門は体の前方に開口する。眼は口裂の中央に近いことなどでよく似たホラアナゴと区別できる。
分布 高知県~北海道。北太平洋、インド洋、大西洋。水深236~3200mの深海の底にすむ。
生息環境 水深236~3200mの泥底に生息する。
食性 “スキャベンジャー(掃除屋)”として働いていることが観察されたことがあり、死んだ魚などを食べる腐肉食性である可能性がある。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 北海道 北海道沖

2010.09.30

日本 千葉県 金谷沖

2015.04.23

日本 神奈川県 相模湾大磯沖

2009.02.22

フィリピン バタンガス

2010.03.23

フィリピン バタンガス

2010.03.23

フィリピン バタンガス

2010.08.03

日本 神奈川県 相模湾大磯沖

2009.02.22

フィリピン バタンガス

2010.08.03

フィリピン バタンガス

2010.03.23

フィリピン バタンガス

2010.03.23

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する