読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

アンコウ

Lophiomus setigerus (Vahl, 1797)

形態・特徴 体色は灰色っぽい。背鰭第1棘は誘引突起に変形している。口腔内は暗色で、大きな淡色円斑が散在している。成魚では不明瞭になることもある。この特徴の他、上顎の外列歯が26本あり上顎前端から後端までほぼ連続して並ぶこと、上膊棘とよばれる、肩部の皮下に埋もれた棘は先端が2-3棘に枝分かれしていることなどによって近縁種のキアンコウと区別できる。体長70㎝に達する大型種である。
分布 北海道以南、東シナ海。フィリピン、アフリカ。水深30~500mにすむ。
生息環境 沿岸の浅海から水深500mまでの深さに生息する普通種。砂底にすむ。
食性 カナガシラ類、アマダイ類、ハゼ類、ヒメジ、ヤリヒゲなどの底生魚類を捕食する。他、甲殻類やイカなども捕食するようだ。
その他 各種底曳網、刺網、たまに定置網などで漁獲される普通種で、重要な漁業対象魚の一つである。本種は鍋やから揚げなどで賞味され、肝臓や皮、胃なども利用される。美味であるが味は近縁のキアンコウのほうがよいともいわれる。市場では本種をクツアンコウ、キアンコウをホンアンコウと呼び区別している。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

台湾 魚市場にて(詳細な地名は不明)

2005.05.18

日本 静岡県 駿河湾(沼津港の鮮魚店で購入)

2014.09.28

日本 静岡県 用宗沖

2008.11.15

日本 静岡県 駿河湾(沼津港の鮮魚店で購入)

2014.09.28

日本 静岡県 用宗沖

2007.11.15

台湾 魚市場にて(詳細な地名は不明)

2005.05.18

日本 静岡県 用宗沖

2007.11.15

日本 神奈川県 真鶴沖

2017.02.19

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する