読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ワラスボ

Odontamblyopus lacepedii (Temminck and Schlegel, 1845)

特徴 体長30cmになる大型種。泥中に孔を掘りその中に潜むために眼は退化している。口は大きく、歯が口から露出し、エイリアンのようにも見える。体色は灰褐色から茶褐色。下顎にも頭部にもひげはなく、チワラスボやヒゲワラスボと区別可能。腹鰭は吸盤状。
分布 有明海、八代海。朝鮮半島、中国、インド。
生息環境 有明海と八代海の干潟に生息。泥中に孔を掘りその中に潜む。
食性 肉食性で底生動物を捕食する。
その他 環境省レッドリストでは絶滅危惧Ⅱ類とされる。有明海では独特なすぼかき漁で漁獲され、食用になる。普通干物にし、美味。日本産ワラスボ属は従来3種とされていたが、本種はチワラスボおよびヒゲワラスボとは別の属とされた。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 福岡県 筑後川

2003.06.22

日本 福岡県 有明海

2015.04.03

日本 福岡県 有明海

2015.04.03

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する