読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

カダヤシ

Gambusia affinis (Baird and Girard, 1853)

外来種 外来種

形態・特徴 メダカによく似ているが、尾鰭が丸いことや、臀鰭の基底が短いことで見分けることができる。また、メダカと異なり胎生魚であるため、雄の臀鰭は交接器として機能し、細長く変形して前後に可動するようになっている。妊娠した雌は腹部に濃紺色の円斑が出現する。頭部背面は、メダカほど扁平ではない。
分布 福島県以南の本州、四国、九州、琉球列島、小笠原諸島。原産地は北アメリカ、ニュージャージー州~メキシコ湾岸~メキシコ中部まで。日本には1916年に台湾から移入され、蚊の幼虫のボウフラ退治のために導入されはじめた1970年頃から分布域を拡げている。
生息環境 平野部の池沼、水田、細流といった水田地帯のほか、河川本流域や湖沼にも生息する。
食性 昆虫類や動物プランクトンのほか、糸状藻類や植物プランクトンも食べる雑食性。
その他 北米が原産地であるが、“蚊絶やし”の和名が意味するように、ボウフラの駆除のために1916年に日本に初めて導入された。以後、各地に広がり、福島県以南の日本各地で見られるようになっている。
メダカは産卵に水草を必要とするが、本種は胎生のため、産卵基質を必要としない。これが、三面コンクリート化の行われた水路などで本種がメダカよりも優占しやすい要因となっている。また、本種は攻撃的な性質を持ち、メダカを攻撃したり、メダカの仔稚魚を食べることなどから、在来のメダカを駆逐する機構が働いていると考えられている。このような理由から、「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(特定外来生物法)」において、特定外来生物に指定されており、飼育・保管・運搬・放流・輸入・販売・譲渡等の行為が禁止されている。また、同様の理由から、IUCNの「世界の侵略的外来種ワースト100」及び日本生態学会の「日本の侵略的外来種ワースト100」にも選定されている。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 大阪府 淀川水系

2008.11.01

日本 東京都荒川水系

2016.10.26

日本 熊本県 白川支流域(用水路)

2003.07.10

日本 熊本県 熊本県中部 農業用水路

2007.08.17

日本 和歌山県 田辺市用水路

2013.07.10

日本 静岡県 富士市 沼川水系

2015.03.21

日本 千葉県 手賀沼

2009.07.07

日本 東京都荒川水系

2016.10.26

日本 千葉県 江戸川付近

2007.10.12

日本 滋賀県 用水路

2008.04.13

日本 東京都 みなとが丘埠頭公園

2011.06.26

日本 千葉県 手賀沼

2009.07.07

日本 和歌山県 田辺市 田んぼ

2015.09.10

日本 和歌山県 田辺市

2015.05.18

日本 沖縄県 石垣島 

2010.08.01

日本 東京都 平和の森公園

2011.06.22

日本 東京都 平和の森公園

2011.06.22

日本 東京都 平和の森公園

2011.06.22

日本 東京都 平和の森公園

2011.06.22

日本 千葉県 手賀沼

2009.07.07

日本 東京都 みなとが丘埠頭公園

2011.06.26

日本 千葉県 手賀沼

2009.07.07

日本 千葉県 手賀沼

2009.07.07

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する