読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ミカヅキツバメウオ

Platax boersii Bleeker, 1852

形態・特徴 体は側扁し、体高が高い。背鰭と臀鰭は上下に幅広く伸びる。成魚の体色は全体的に銀色で、吻があまり尖らず、腹鰭が暗色であることなどが特徴。幼魚は背鰭、腹鰭、臀鰭が伸長し、体側後半にある幅広い暗色横帯の直前に細い暗色横帯が見られるのが特徴。ツバメウオほどは大きくならず、全長40cmくらいまでに達する。
分布 幼魚は岩手県以南の太平洋岸や、ごくまれに日本海で見られるが、成魚は琉球列島、小笠原諸島。~西太平洋、インドネシア、アンダマン海。
生息環境 沿岸域の中層域を群泳する。幼魚は礁池や内湾に生息し、時には漁港でも観察される。
食性 甲殻類、軟体動物などの小型動物や藻類などを食べる雑食性。
その他 日本ではあまり食されないが、熱帯・亜熱帯域を中心に食用として珍重される。また、幼魚は人に馴れにくいものの、優雅な姿態から観賞用として人気がある。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 鹿児島県 枕崎市

2013.02.11

日本 宮崎県 串間市

2015.03.22

日本 沖縄県 国頭郡伊江村具志漁港

2005.07.18

日本 沖縄県 那覇市の鮮魚店

2014.05.13

サモア ウポル島

2005.11.01

アラブ首長国連邦 デイラフィッシュスーク

2010.02.11

日本 沖縄県 宮古島 浦底漁港

2003.05.16

サモア ウポル島

2005.11.01

日本 鹿児島県 奄美市喜瀬

2010.07.02

日本 鹿児島県 奄美市山羊島

2010.05.10

インドネシア 南スラウェシ

2013.10.15

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する