読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

クロメヌケ

Sebastes glaucus Hilgendorf, 1880

分布 岩手県釜石以北、山形県、富山県、北海道は全沿岸にすむ。~日本海北部、オホーツク海、ベーリング海。
特徴 体長50cmになる大形種。頭頂棘はなく、頭部の背面の棘は鼻棘以外ない。この特徴をもつヤナギノマイなどは本種に似ているが、これらの種類とは主上顎骨の鱗がないこと(ヤナギノマイなどのように鱗域が狭いものもいる)、背鰭棘数は通常14であること(ほかの種でもまれに14棘のものがあるので注意)などによって区別できる。
生息環境 水深200m以浅に生息するが、水深550mからも漁獲されている。
その他 他のメバル属魚類と同じく、食用とされる。塩焼、煮つけなど美味である。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 北海道 厚岸沖(東京都中央区築地場内市場で購入)

2015.01.05

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する