読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

キヘリモンガラ

Pseudobalistes flavimarginatus (Rüppell, 1829)

形態・特徴 吻部は鱗に覆われない。尾鰭は二重湾入し、上・下葉はわずかに伸びる。体色は灰色っぽく、喉部などは黄色、背鰭、臀鰭、尾鰭も外縁が黄色く縁取られる。幼魚は黄色っぽく、同属のイソモンガラよりもむしろモンガラカワハギ属のゴマモンガラの幼魚に酷似する。イソモンガラとは体色のほか、本種では尾柄部に数列の棘があるのに対しイソモンガラではないことで区別可能。体長50cmに達する大型種。
分布 北海道、千葉県以南の太平洋岸、山口県日本海側、琉球列島。~インド-太平洋。ハワイ諸島にはいない。日本では九州以北は幼魚が多い。
生息環境 浅いサンゴ礁域に生息する普通種。幼魚は漂流物や流れ藻などにつくため、かなり広範囲に分布する。日本海にも出現することがある。
食性 甲殻類、貝類、小魚のほか付着藻類も食べる雑食性。
その他 砂地にすり鉢状の巣を作り、卵を保護する。卵を守るために自分より大きな相手にも突進して立ち向かう。本種を含めモンガラカワハギの仲間は歯が強くて危険なので、注意しなければならない。南方の大物釣りの外道として良く釣れる。食用魚として知られる。キヘリモンガラ属は本種を含め3種からなり、うち2種が日本から知られる。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 那覇新港

2016.06.06

日本 沖縄県 那覇市の魚市場

2014.06.07

日本 千葉県 勝浦市鵜原

2015.08.18

日本 沖縄県 座間味

2014.08.31

日本 沖縄県 石垣市伊野田漁港

2014.12.07

日本 沖縄県 宮古島平良港

2015.01.29

日本 沖縄県 那覇市 泊漁港

2010.10.11

日本 沖縄県 西表島

2014.04.20

日本 沖縄県 宮古島 トゥリバー

2003.06.19

日本 沖縄県 勝連沖

2011.09.11

日本 鹿児島県 奄美大島南部

2015.08.13

日本 沖縄県 那覇新港

2015.09.20

日本 鹿児島県 奄美大島名瀬港

2015.03.13

フィリピン サマール島

2009.06.01

日本 宮崎県 門川湾

2007.06.09

日本 和歌山県 東牟婁郡串本町 串本有田港

2009.09.11

日本 和歌山県 東牟婁郡串本町 有田港

2008.09.15

日本 和歌山県 南紀 磯

2009.09.12

日本 高知県 久礼

2009.06.01

日本 宮崎県 門川湾

2007.06.09

日本 宮崎県 門川湾

2007.10.14

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する