読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

フグ科

Tetraodontidae

科の概要 フグ科魚類は両顎に4枚の歯を持つのが特徴で、学名もこれにちなむ。体は小棘でおおわれるものもいるが、ハリセンボン科魚類のような強い棘ではない。背鰭には棘がない。
世界では26属約180種、日本には7属53種が分布するとされる。海水域にすむもののほか、海水にすみ汽水域に入るものや、一生を淡水域でくらすものがいる。
この科にふくまれる魚の殆どすべてが有毒で、ヒトを死に至らしめるような強い毒をもつものもおり、素人料理は禁物である。また皮膚から毒を出すものもあり、他の魚と飼育していると、他の魚を殺すことがある。それでもキタマクラ属のものやモヨウフグの仲間など色彩が美しいものも多く、観賞魚として人気がある。一部の種は淡水の熱帯魚として販売されているが、なかには汽水域に生息する種類もおり、そのような種類の飼育には塩分があるとよい。
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する