読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ヤマモトタチモドキ

Benthodesmus elongatus (Clarke, 1879)

形態・特徴 全身は銀白色。尾鰭があり、両眼間隔は平坦で眼は頭部背縁に近接する。タチモドキ<I>Benthodesmus tenuis</I>と似るが、背鰭棘数+軟条数が本種は144~155であること(対するタチモドキは120~130)、臀鰭は1棘91~101軟条であること(対するタチモドキは1棘70~76軟条)で区別できる。
分布 神奈川県真鶴沖、九州-パラオ海嶺。~太平洋、大西洋。
生息環境 大陸斜面(大陸棚の外縁から深海底までの斜面)に生息する。
食性 魚類、軟体動物や甲殻類なども捕食する動物食性と考えられる。
その他 日本からは1974年に神奈川県真鶴沖から採捕された標本が、阿部博士らによって「ヤマモトタチモドキ」として初めて提唱・報告された。しかし、1982年に九州-パラオ海嶺から採捕された標本をもとに、中村博士によって新和名として「ホソタチモドキ」が提唱されている。標準和名も、基本的には学名と同様に、先に提唱されたものを用いるのが一般的であり、WEB魚図鑑でも「ヤマモトタチモドキ」の標準和名にしたがっている。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 神奈川県 相模湾真鶴沖

2003.05.11

日本 神奈川県 相模湾真鶴沖

2003.05.11

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する