読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ナンヨウマンタ

Manta alfredi (Krefft, 1868)

分布 高知県、琉球列島。~インド・太平洋、紅海、東大西洋。
特徴 オニイトマキエイ属のエイは口が頭部前縁にあり、口が頭部腹面にあるイトマキエイ属と区別される。長らくオニイトマキエイ1種とされてきたが、2009年に2種からなることが報告された。
本種はオニイトマキエイに似ているが、体盤背面の模様の形状がややことなり、第5鰓孔の黒色斑が小さいこと、口裂周辺は黒っぽくならないことなどで区別される。体盤幅5mを超え、エイの仲間でも特に大きくなる。
生息環境 オニイトマキエイはやや外洋性なのに対し、本種は沿岸性とされている。サンゴ礁域などでその姿がダイバーによりよく写真撮影されている。
食性 体は大きいが温和で、プランクトンなどを食するとされている。
その他 本種の和名については、「ナンヨウマンタ」と「リーフオニイトマキエイ」の二つが提唱されており問題となったことがある。2013年の「日本産魚類検索第三版」では、ナンヨウマンタとされており、ここでもこの和名を使用した。オニイトマキエイ属は現在この2種からなるといわれているが、北大西洋やカリブ海にはこの2種と異なる種がいる可能性があるようだ。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 石垣島 川平マンタスクランブル

2010.06.11

日本 沖縄県 石垣島 川平マンタスクランブル

2010.06.11

日本 沖縄県 石垣島

2016.08.16

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する