読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ツインスポットゴビー

Signigobius biocellatus Hoese and Allen, 1977

外国産 外国産

形態・特徴 サラサハゼ等に似ているが、第1背鰭・第2背鰭の鰭膜に大きな目玉模様を有する。腹鰭・臀鰭は暗色で鰭膜に青い小斑点があり、縁辺は淡色。眼から下に伸びる桃色線がある。体長10cmに達する。
分布 フィリピン~ソロモン諸島、ヴァヌアツ、パラオ、ミクロネシア、グレートバリアリーフに至る西部太平洋。サンゴ礁域の砂地にすむ。
生息環境 サンゴ礁周辺にある、水深30m以浅の砂底に生息する。
食性 捕食行動はサラサハゼと似ており、砂ごと砂中に潜む小動物を捕食する。
その他 通称カニハゼと呼ばれているが、日本には分布しない。観賞魚として有名であるが、長期飼育は難しいといわれている。Signigobius属は本種1種のみが知られる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

フィリピン サマール島

2011.04.06

インドネシア 南スラウェシ

2013.07.05

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する