読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

オニイシモチ

Amioides polyacanthus (Vaillant, 1877)

形態・特徴 両顎には大きな犬歯状歯がある。眼下に斜帯があり、体側中央に幅の広い暗色横帯がある。同じように大きな犬歯状の歯をもつヤライイシモチとは、第1背鰭棘が7本で、側線鱗が開孔するときは分岐状であることなどで区別できる。体長20cmを超え、テンジクダイ科としては大型種である。
分布 奄美大島、沖縄島。インド・太平洋域。外洋の深所にすむ。
生息環境 外洋の深所にすむ。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 鹿児島県 大和村今里沖

2003.03.16

日本 鹿児島県 大和村今里沖

2003.03.16

日本 沖縄県 国頭村安田沖

2013.03.17

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する