読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

アカイサキ

Caprodon schlegelii (Günther, 1859)

形態・特徴 背鰭棘数は10棘、19-21軟条で、胸鰭が長い。尾鰭は湾入しない。雄の体側には黄色斑が多数ある。また眼の周辺に黄色線がある。雌は赤みを帯びる。雄の背鰭棘部には黒色斑が1つある。雌には数個の黒色斑が背鰭から体側の背部にかけてある。鰓耙数は6-9+23であることで、オーストラリアやニュージーランドにすむオナガアカイサキと区別できる。
分布 伊豆諸島、相模湾以南の太平洋岸、日本海、東シナ海沿岸、琉球列島、小笠原諸島。~朝鮮半島、台湾、オーストラリア、ハワイ諸島、チリ。
生息環境 東シナ海では水深75-170mで漁獲されている。うち、110-145mに多い。伊豆半島では60mほどの場所にも見られるようだ。
食性 小魚やエビ、イカなどを捕食している。
その他 日本産アカイサキ属魚類は本種1種のみからなる。ただし、1.体長20-25cmで成熟し、尾鰭の後縁が截形のものと、2.体長30-35cmで成熟し、尾鰭が円形のもの、の2つのタイプがあるとされている。釣りや底曳網などで漁獲される。肉は白身で刺身、塩焼きなどで美味。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 神奈川県 相模湾

2014.06.11

日本 静岡県 駿河湾(石花海)

2003.03.22

日本 神奈川県 相模湾

2014.03.08

日本 静岡県 御前崎沖

2007.04.30

日本 千葉県 鴨川江見沖

2013.12.09

日本 神奈川県 相模湾 二宮沖

2004.11.14

日本 東京都 八丈島近海

2014.09.10

日本 沖縄県 那覇市の魚市場

2014.09.10

日本 和歌山県 白浜町沖合

2013.12.31

日本 静岡県 石花海

2002.06.08

日本 静岡県 石花海

2002.06.08

日本 鹿児島県 奄美大島 サンドン

2006.07.28

日本 神奈川県 沖の瀬

2014.12.12

日本 鹿児島県 奄美大島

2011.08.09

日本 鹿児島県 奄美大島 サンドン

2006.01.18

日本 神奈川県 沖の瀬

2007.06.03

日本 東京都 八丈島

2006.10.21

日本 東京都 八丈島神湊沖

2008.08.30

日本 東京都 八丈島神湊沖

2008.08.30

日本 神奈川県 相模湾 二宮沖

2004.11.14

日本 静岡県 御前崎沖

1995.05.14

日本 東京都 銭州

2003.08.24

日本 和歌山県 白浜沖

2005.04.14

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する