読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ラボックスラス

Cirrhilabrus lubbocki Randall and Carpenter, 1980

分布 和歌山県、沖縄県。~西部太平洋。水深45m以浅の岩礁や珊瑚礁域にすむ。
特徴 背鰭棘は伸びない。尾鰭両葉は伸びない。雄の体側の側線鱗が黒く縦帯のようになるものと、そうならず生時体側が青っぽいののふたつのタイプがある。雌は赤みを帯びた色彩で、腹部が白っぽい、尾柄付近に黒色斑があり、イエローフィンフェアリーラスCirrhilabrus flavidorsalisなどの雌との区別が難しい。全長8cmほど。
生息環境 水深40m以浅のサンゴ礁に生息している。
その他 観賞魚としてフィリピンやインドネシアから盛んに輸入され、価格も安価である。日本では和歌山県で写真が撮影されていたり、標本が沖縄で採集されているようで、現在研究が進められているようだ。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

フィリピン 中部ヴィサヤ地方 セブ・マクタン島

2016.02.23

フィリピン 中部ヴィサヤ地方 セブ・マクタン島

2016.02.21

フィリピン ボホール島

2010.06.01

フィリピン ドゥマゲッティ

2008.02.19

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する