読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ゴールデンラインドスパインフット

Siganus lineatus (Valenciennes, 1835)

形態・特徴 背鰭に欠刻がなく、背鰭軟条下部に大きな白色斑をもち、ゴマアイゴによく似る。しかし本種では体側の模様が小斑でなく、つながり線状になることによりゴマアイゴと区別できる。ただし、個体差があり、一部が斑点のようになったものも存在する。体長30cmに達する。
分布 小笠原諸島。~インド・西部太平洋。
生息環境 ゴマアイゴ同様内湾性でサンゴ礁に生息する。小さな群れで行動する。
食性 主に藻類を捕食するが、動物性の餌も食う。
その他 食用魚。日本では小笠原諸島に分布するとされるが(当初、ゴマアイゴとして報告された)、採集地が不明確であるとされている。その後八重山諸島で本種と思われるものが採集されており、現在研究中である。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

オーストラリア グリーン島

2006.02.13

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する