読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ミナミタカサゴ

Pterocaesio chrysozona (Cuvier, 1830)

外国産 外国産

形態・特徴 体高は低く、体側には黄色縦帯がある。尾鰭は先端部が暗赤色。縦列鱗数は59-63。体長20cmまで。
分布 紅海~オーストラリア東部に至るインド・西部太平洋。
生息環境 サンゴ礁域に生息するが、トロールによっても漁獲されるという。
食性 他の同属魚類と同様。
その他 ミナミタカサゴの和名は「南シナ海の魚類」(海洋水産資源開発センター、1982)のなかで提唱されている。その中ではCaesio chrysozonus の学名が使われているが、現在はクマササハナムロ属に移されている。英語圏ではその体側の黄色縦帯からGoldband fusilierなどと呼ばれる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する