読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

イナズマヤッコ

Pomacanthus navarchus (Cuvier, 1831)

外国産 外国産

特徴 眼下と背鰭第4から6棘の下方に青白い線があり、その間は鮮やかな青色。青色域は腹部をとおり、体側後方にまで達する。体側後方の青色部は前方・上・後方が青白く縁取られている。吻部は灰色っぽい。体側の上方から中央付近までに幅広い黄色域があり、その部分には青い細かな斑点があるという、大変に派手で美しい種。背鰭・尾鰭は黄色、臀鰭は濃青色で、青い小斑がある。腹鰭は濃い青色。腹鰭前縁、背鰭・臀鰭・尾鰭の後端は青白く縁取られる。幼魚は同属他種と同じく、濃青色地に白色横帯がある。体長20cm。
分布 インドネシア、フィリピン~グレートバリアリーフ、パラオ、ヤップに至るインド・西部太平洋。日本からはまだ報告されていない。
生息環境 水深40m以浅のサンゴ礁域、岩礁域に生息する。日本には分布せず、そのほかの西部太平洋海域でも個体数は多くない。
食性 雑食性で付着生物をついばむようにして食べる。
その他 その美しい色彩から観賞魚として有名で、かなり高価な種といわれている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

インドネシア 南スラウェシ

2014.07.03

インドネシア Wakatobi

2015.04.26

フィリピン ボホール島

2009.04.13

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する