読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

コンビクトシクリッド

Amatitlania nigrofasciata (Günther, 1867)

外来種 外来種

分布 エルサルバドルのRio SucioからグァテマラのRio Suchiateまでの太平洋側、ホンデュラスのRio PatucaからグァテマラのRio Jutiapaまでの大西洋側の河川。日本のほか、中東、東南アジアなどにも移植されている。
特徴 通常、体側には暗色の横帯が多数ある(品種改良された個体ではこの特徴が出ないことがある)。日本に移植され、定着している他のカワスズメ科魚類とは、臀鰭の棘数が8~10棘であることにより容易に区別できる。体長10cmほどになる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 那覇市

2010.05.04

日本 沖縄県 那覇市 小水路

2014.01.29

日本 沖縄県 那覇市

2010.05.04

日本 沖縄県 那覇市 小水路

2014.01.29

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する