読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

コクテンハギ

Pseudomonacanthus macrurus (Bleeker, 1857)

形態・特徴 腰骨の鞘状鱗は小さく、動かすことはできない。背鰭第1棘は眼の中央部よりも後方にある。鰓孔裂は眼の前下方に達する。背鰭軟条数は29~30、臀鰭軟条数は28~29。尾鰭に横帯がある。体長20cmほど。
分布 沖縄島。フィリピン、シンガポール、インドネシア、パプアニューギニア。沿岸域や汽水域の藻場に生息する。
生息環境 沿岸岩礁域、サンゴ礁域に生息する。汽水域にも入るという。
その他 日本からは2008年に日本初記録種として報告されたばかりの種であるが、標準和名は久新ほか(1982)により、南シナ海産の標本をもとにつけられている。日本産コクテンハギ属魚類は本種のみが知られる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

フィリピン サマール島

2009.09.15

フィリピン ルソン島 スービック湾

2014.06.20

フィリピン サマール島

2011.01.16

フィリピン ボホール島

2010.06.01

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する