読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

スパインチークアネモネフィッシュ

Premnas biaculeatus (Bloch, 1790)

外国産 外国産

形態・特徴 クマノミの仲間であるが、その名の通り頬に大きく強い棘を持つ。雄はカクレクマノミによく似た色彩であるが、頬の大きな棘で区別可能。雌は大きく、色彩は雄に比べて暗い。雌では体長10cmを超えることもある。
分布 インドネシア・フィリンピンからグレートバリアリーフ北部・バヌアツ共和国。浅海のサンゴイソギンチャクと共生する。
生息環境 サンゴ礁域に生息し、クマノミ属の魚同様イソギンチャクと共生する。
食性 雑食性。動物プランクトンや付着藻類を主に捕食する。
その他 観賞魚として知られる。クマノミの仲間では気が強く、他のクマノミ類とは一緒にしないほうがいい。この性格ゆえ放流されるケースがあるようで、静岡県や三重県で報告がある。このような行為は生態系の破壊につながることがあるので、慎まなければならない行為である。Premnas属はクマノミの仲間であるが頬の大きな棘などによりクマノミ属とは別の属に入れられている。本種1種のみが知られている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

インドネシア 南スラウェシ

2013.05.28

インドネシア モヨ島

2013.10.23

フィリピン サマール島

2011.03.03

フィリピン ボホール島

2010.05.31

フィリピン サマール島

2011.02.22

フィリピン ボホール島

2010.05.31

フィリピン マクタン島

2011.03.18

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する