読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ツマグロスジハゼ

Acentrogobius sp. A

特徴 体長5cmほど。背鰭の前方に鱗がない、腹鰭は幅広く黒く縁取られる、第1背鰭に黒斑がない、体側の縦縞は4本で、体側の黒斑は4本目の縦縞に強く出る、尾柄部の黒斑は「イ」の形などの点で、近似のスジハゼB、スジハゼCと区別可能。 
分布 南日本、瀬戸内海、琉球列島。内湾の湾奥部から河川の河口部に生息する。
分布 南日本、瀬戸内海、琉球列島。
生息環境 内湾の湾奥から河川の河口域に生息する。潮間帯の泥底や砂泥底に見られる。近似のスジハゼB、スジハゼCよりも塩分濃度の低いところでも出現する。テッポウエビと共生していることが多い。生息水深は2m以浅。
食性 浮遊期の仔稚魚は動物プランクトン食で、成長するにつれ、貝類やゴカイ類などの小型定性動物も食べるようになる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 神奈川県 野島水路

2013.07.03

日本 神奈川県 野島水路

2011.07.15

日本 愛知県 碧南海釣り公園

2010.04.18

日本 兵庫県 明石市明石新波止

2004.12.19

日本 神奈川県 野島水路

2011.07.15

日本 神奈川県 野島水路

2011.07.15

日本 神奈川県 野島水路

2011.07.15

日本 神奈川県 野島水路

2011.07.15

日本 神奈川県 野島水路

2011.07.15

日本 神奈川県 野島水路

2011.07.15

日本 神奈川県 横浜市磯子区 堀割川

2016.08.11

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する