読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ナンキョクメダイ

Hyperoglyphe antarctica (Carmichael, 1819)

外国産 外国産

形態・特徴 日本に生息するメダイに非常によく似ている。背鰭軟条数は19~21、臀鰭軟条数も15~17と、メダイよりも少ない。日本のメダイよりも体高があり、口も大きい。体長1mほどになる大型種。
分布 アルゼンチン、南東大西洋、西インド洋、南アフリカ、ニュージーランド、オーストラリア。
食性 肉食性。
その他 日本にも稀に輸入されることがある。脂がよく乗り美味。1973年に故阿部宗明博士は1973年、本種に「ミナミメダイ」なる標準和名をつけたが、今ではこの和名はオオメメダイ科の1種のものとされている。ナンキョクメダイの標準和名は1990年に「ニュージーランド海域の水族」(海洋水産資源開発センター 著)で使われているもの。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する