読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ソウシカエルアンコウ

Antennarius scriptissimus Jordan, 1902

形態・特徴 オオモンカエルアンコウやイロカエルアンコウににた大型種で体長30cmを超える。本種は胸鰭の軟条が分岐し、その数が13と多い。色彩や斑紋は変異が多い。
分布 南日本。インド・西太平洋域。沿岸の水深185m以浅の岩礁域にすむ。
生息環境 沿岸の岩礁域に生息する。
食性 他のカエルアンコウ同様、小魚などを捕食する。
その他 定置網、刺網などで漁獲されるが普通食用にはされていない。観賞魚として流通されることもある。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 神奈川県 横須賀市佐島沖

2003.02.15

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する