読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

コモンスヌーク

Centropomus undecimalis (Bloch, 1792)

外国産 外国産

形態・特徴 スズキに似た銀色の長い体をもつ。体高が低い。側線は黒くてよく目立ち、尾鰭の後縁にまで達する。背鰭は2基で、第1背鰭は8棘。この仲間では最も大きくなる種で、体長は1mを超えるという。
分布 アメリカ・南フロリダ、メキシコ湾南東部、カリブ海、ブラジル・リオデジャネイロ。岩礁域、汽水域、淡水域にすむ。
生息環境 日本のスズキのように、沿岸から汽水域、河川の淡水域にかけてみられる。
食性 動物食性。小魚や甲殻類などを捕食する。
その他 この仲間は従来アカメ科Centropomidaeとされたが、現在はアカメ科Latidaeと、セントロポムス科Centropomidaeの2科に分けられている。
セントロポムス科はホソアカメ属のみからなり、12種が大西洋と東部太平洋に分布する。西部太平洋には本種を含む6種が知られている。遊漁の対象として、大西洋西部ではターポンと並ぶ有名な対象魚。また食用にもなる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

ブラジル ペルナンブーコ

2007.04.07

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する