読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ロングスパインスコーレルフィッシュ

Holocentrus rufus (Walbaum, 1792)

形態・特徴 背鰭軟条部は著しく長く伸びる。背鰭棘鰭膜は白色。有孔側線鱗数は51~54で、ノボリエビスと区別できる。
分布 アメリカ、南フロリダ、バーミューダ、西インド諸島、メキシコ湾北西部、ブラジル。水深0~32mの岩礁域にすむ。
生息環境 本種はバミューダ諸島から南米北部に生息する。普通水深30m以浅に見られる。
食性 肉食性。
その他 ノボリエビス属は大西洋固有の属で、2種からなる。本属魚類は食用として重要だが、シガテラ毒を持つこともある。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

メキシコ コスメル島

2008.04.26

メキシコ カンクン コスメル島

2006.04.11

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する