読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ニジイトヨリ

Nemipterus hexodon (Quoy and Gaimard, 1834)

外国産 外国産

形態・特徴 背鰭は10棘9軟条、臀鰭は3棘6~7軟条。体色はやや青みを帯びる桃色。トンキンイトヨリに似ているが、側線基部付近に赤色斑がある。尾鰭上葉は尖るが伸長せず、その先端は黄色。体側には側線の下側にそうように、幅広い黄色帯があり、その下方に幅の狭い黄色線がある。背鰭鰭膜には青色線で挟まれた黄色線がある。体長20cmに達する。
分布 東南アジアを中心として、台湾から北部オーストラリアの西部太平洋。水深80mくらいまでの砂泥底にすむ。
生息環境 水深10~80mにすむ。
食性 肉食性。
その他 底曳網などで漁獲され、食用になる。本種はかつて日本にも分布するとされたが、実際にはまだ日本からの標本に基づく記録はないようだ。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

タイ チョンブリ県シーチャン島沖

2008.09.07

タイ ラヨーン県沖合

2015.09.30

カンボジア シアヌークビル

2013.02.11

フィリピン ルソン島

2004.11.23

フィリピン ルソン島

2004.11.23

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する