読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

形態・特徴 サケ科魚類の異属間交雑による個体には、ミミズ状の斑紋が体側の背部に広がるという共通した特徴が見られる。このミミズ状の斑紋が体側の背部に広がり、有色の斑点がなく、パーマークが見られること、背鰭に斑点を持たないことなどがエゾイワナとヤマメの交雑個体の特徴となる。臀鰭の鰭条数や歯の配列などはエゾイワナとヤマメの中間の形態を示す。
分布 福島県郡山市。その他、エゾイワナとヤマメが混生する水域各地で交雑が生じる可能性がある。
生息環境 エゾイワナとヤマメが混じって見られるような水域に見られる。雑種第一代の生残率は高いことが知られている。
食性 小型魚類や甲殻類、昆虫などを食べる動物食性。
その他 養殖現場では人為的に異属間の交雑が行われることもあり、それが自然水域に放流されることもある。もちろん、自然交雑も極少数例が知られてはいる。しかし、人為的な交雑個体の放流は、遺伝子汚染等の面からみても好ましいものではない。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する