読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ヤリマンボウ

Masturus lanceolatus (Liénard, 1840)

形態・特徴 体は側偏した卵形。舵鰭というマンボウ類独特の鰭を有し、この舵鰭が中央部で突出するのが特徴。マンボウ科の魚は尾鰭がないが、本種では稚魚期のみ尾鰭があり、舵鰭中央部が突出するのはその名残という。
分布 日本海、五島灘、伊豆諸島、南大東島。世界中の熱帯・亜熱帯海域。
生息環境 沖合の表層・中層に生息する。
食性 マンボウと同じと考えられる。
その他 ヤリマンボウ属は1属1種とされる。ただし、トンガリヤリマンボウは本種のシノニムである可能性が高いといわれるが、その根拠は示されていない。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する