読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ドクサバフグ

Lagocephalus lunaris (Bloch and Schneider, 1801)

形態・特徴 胸鰭は暗色でない、鰓孔は白色、体背面の小棘は背鰭基部付近にまで達することが特徴。ただし、それでも他のサバフグとの同定が難しいので、素人同定は避ける。尾鰭は湾入する。やや大型種で体長50cmにまで達する。
分布 南日本太平洋岸、鳥取県、九州北部沿岸、鹿児島県、東シナ海。~済州島、南シナ海、インド・西太平洋。
生息環境 暖海をこのむ種で、かつては東・南シナ海以南に見られたが、近年になって南日本でも漁獲されるようになった。沿岸域からやや沖合の砂・泥底に見られる。生息水深は30~130mで、中国大陸沿岸部では浅い。
食性 肉食性。小魚や甲殻類、軟体動物などを捕食する。
その他 東シナ海では5~6月に産卵する。卵は沈性粘着卵。本種は無毒のシロサバフグなどに似ているが、本種では内臓はもちろん、筋肉にも毒があり、食用にはできない。シロサバフグとの間違った同定によって、死亡例もある。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

フィリピン カビテ

2010.05.23

マレーシア ペナン島モンキービーチ沖

2006.08.16

オーストラリア ケアンズ

2007.10.07

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する