読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

オキナワフグ

Chelonodon patoca (Hamilton, 1822)

形態・特徴 体色は背面は茶褐色もしくは灰褐色で、大きな白色斑を有し、トラフグ属のものに似るが、臀鰭は8軟条で、トラフグ属の多数よりも少ない。鼻孔は開孔せず、大きな2対の皮弁となる。
分布 琉球列島、小笠原諸島。紀伊半島からも記録されている。~台湾、インド-西太平洋。
生息環境 沿岸浅所、河川汽水域やマングローブ域によく見られるが、底曳網で漁獲されたこともある。琉球列島には多い。
食性 雑食性と考えられる。主に甲殻類や多毛類、軟体動物などを捕食する。
その他 有毒種で、筋肉にも毒がある。食用にはならない。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 西表島>祖内

2010.06.10

日本 沖縄県 那覇市泊高橋安里川河口

2014.02.19

日本 沖縄県 沖縄県名護市

2009.11.11

日本 沖縄県 与那原町 当添漁港

2015.05.12

日本 鹿児島県 奄美大島

2009.08.31

日本 沖縄県 西表島トゥドゥマリ浜

2008.03.12

フィリピン サマール島

2010.03.30

日本 沖縄県 西表島トゥドゥマリ浜

2008.03.12

日本 沖縄県 島尻郡玉城村奥武港

2005.04.03

日本 沖縄県 具志川市・天願川河口

2006.10.03

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する