読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ヌタウナギ

Eptatretus burgeri (Girard, 1845)

分布 本州中部以南。朝鮮半島南部。浅海にすむ。
特徴 ヌタウナギの仲間は現生の脊椎動物の仲間でも原始的なものとも言われている。顎をもたずこの仲間とヤツメウナギの仲間を合わせ、「無顎類」と呼ばれたりしている。眼は皮下に埋没し、長いひげをもつ。本種は日本産の他のヌタウナギ属魚類とは、外鰓孔の数が多く6~7対で互いによく離れること、体は茶褐色であることなどにより区別できる。全長60cmに達する。
生息環境 浅海(水深740m以浅)の海底にすむ。
食性 他の魚の肉を削り取るようにして食べるといわれる。
その他 定置網や底曳網で漁獲されるほか、アナゴなどの漁で使う筒を使った漁法でも採集される。肉は美味で食用にされる。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 宮崎県 門川湾

2007.04.10

日本 千葉県 館山 自衛隊堤防

2015.02.15

日本 宮崎県 門川湾

2007.04.10

日本 長崎県 対馬市美津島町

2015.03.22

日本 宮崎県 門川湾

2007.04.10

日本 千葉県 館山 自衛隊堤防

2015.02.15

日本 千葉県 館山 自衛隊堤防

2015.02.15

日本 千葉県 館山 自衛隊堤防

2015.02.15

日本 宮崎県 門川湾

2007.04.10

日本 宮崎県 門川湾

2007.04.10

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する