読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ゴマフキンチャクフグ

Canthigaster amboinensis (Bleeker, 1865)

形態・特徴 体側には小さな白色斑があり、シボリキンチャクフグに似るが、腹部の斑紋は体側の斑紋と同大で、尾鰭に小さな白色または青色斑があることで区別できる。
分布 八丈島、奄美大島以南。南シナ海、インド・太平洋。
生息環境 水深16m以浅のサンゴ礁域や岩礁域に見られる。
食性 雑食性。藻類や、海綿動物、底生生物を食べる。
その他 毒性は不明。食用にはならない。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

米国 ハワイ州 オアフ島 ホノルル郡 Kewalo Basin Park の堤防

2015.05.13

日本 東京都 小笠原村

2015.08.02

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する