読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ハマフグ

Tetrosomus reipublicae (Ogilby, 1913)

形態・特徴 体の断面は三角形。背隆起の中央に小さな2棘と2本の眼上棘があることでラクダハコフグと区別できる。生時は青い斑紋があることがある。
分布 三浦半島以南。インド・西太平洋域。浅海の岩礁から砂地への移行帯にすむ。
生息環境 砂底に生息する。浅海に生息するとされるが、底曳網で水深100m以深からも漁獲される。
食性 底生生物を捕食する。
その他 底曳網で漁獲されるが、食用としての価値はなく、通常廃棄される。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 東京都 竹岡沖

2005.10.22

日本 愛媛県 愛南町

2014.07.15

日本 高知県 沖ノ島 母島沖波止

2014.08.29

日本 愛媛県 愛南町

2003.09.25

日本 愛媛県 愛南町

2014.07.15

日本 東京都 竹岡沖

2005.10.22

日本 愛媛県 愛南町

2003.09.25

日本 愛媛県 愛南町

2003.09.25

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する