読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ニシキカワハギ

Pervagor janthinosoma (Bleeker, 1854)

形態・特徴 体色は前半が青みがかかり、後方は緑色、尾鰭は鮮やかな橙色という派手な色彩。ジョンストンニシキカワハギに似ているが、本種では鰓孔周辺に暗色斑があることで区別可能。同じような暗色斑をもつヌリワケカワハギとは、体色の他に第1背鰭棘側面の小棘が大きく10本あることで区別できる。体長8cmほど。
分布 静岡県以南。インド・西部太平洋域。水深15m以浅のサンゴ礁浅海域に生息する。
生息環境 水深20m以浅のサンゴ礁域に生息する。群れは作らず普通は単独かペアでいる。
食性 甲殻類やゴカイ類などを主に捕食する。
その他 小型種で食用にしないが、観賞魚として利用される。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 伊江島

2009.08.26

日本 鹿児島県 奄美大島

2008.09.22

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する