読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ベニカワムキ

Triacanthodes anomalus (Temminck and Schlegel, 1850)

形態・特徴 ベニカワムキ科は尾鰭後端は湾入せず、腹鰭に大きな1対の棘を有する。体高は高く、吻は長くない。体側には黄色縦帯が3本あり、日本産ベニカワムキ属のもう1種であるシマベニカワムキと区別可能。体長10cm前後。
分布 駿河湾・京都府以南。朝鮮半島、台湾、香港。
生息環境 水深100~200mの大陸棚周辺に多く生息する。
食性 肉食性。ヨコエビ類などの小型甲殻類を中心に、甲殻類、稚魚などを捕食する。
その他 底曳網で時として多量に漁獲されるが、通常は廃棄される。ただし肉は美味だという。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 高知県 御畳瀬漁港の選別作業

2014.06.22

日本 愛媛県 愛南町

2015.08.12

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する