読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ミナミウシノシタ

Pardachirus pavoninus (Lacepède, 1802)

特徴 口はまっすぐ。有眼側の体側に白斑があり、白斑中央に黒斑がある。胸鰭はない。背鰭・臀鰭・腹鰭軟条基部に孔があり、そこから猛毒の液を出す。体長20cm。
分布 渥美湾、宮崎県、屋久島、琉球列島。~東インド-太平洋域。
生息環境 浅海の砂底やサンゴ礁で見られる。
食性 肉食性で底生動物を捕食する。
その他 サメ類は本種の出す毒液が苦手なので、サメ対策の研究が行なわれたこともあるという。ミナミウシノシタ属は6種が知られるが、日本産は本種のみ。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

フィリピン ルソン島のバコール市場

2014.03.29

日本 宮崎県 門川沖

2007.07.26

日本 鹿児島県 種子島

2014.03.16

フィリピン サマール島

2011.01.13

日本 沖縄県 真栄田岬

2014.06.20

フィリピン サマール島

2009.12.24

日本 沖縄県 座間味島

2011.06.22

日本 宮崎県 門川沖

2007.07.26

フィリピン サマール島

2011.01.13

日本 宮崎県 門川沖

2007.07.26

日本 宮崎県 門川沖

2007.07.26

日本 宮崎県 門川沖

2007.07.26

日本 宮崎県 門川沖

2007.07.26

日本 宮崎県 門川沖

2007.07.26

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する