読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ヒレグロ

Glyptocephalus stelleri (Schmidt, 1904)

特徴 ヤナギムシガレイに似ているが、背鰭・臀鰭縁辺は黒く、無眼側に粘液孔のくぼみがいくつかあること、眼上は無鱗であることにより区別できる。体色は有眼側は褐色。背鰭は83~100軟条。胸鰭は短い。体長40cm。
分布 東シナ海北東部、日本海全沿岸、銚子以北の太平洋岸。~タタール海峡、千島列島南部。
生息環境 泥底にすむ。日本海では水深150~250mくらいの場所に多い。水深1000m付近からも漁獲されている。日本海で多くみられるもので、ほかに韓国の黄海からも採集されている。
食性 肉食性で底生動物を捕食する。ほか、イカの仲間や端脚類なども胃内容物としてみられる。
その他 産卵期は冬から早春と推測される。主に底曳網で漁獲され、干物になる。また焼き物、煮付け、揚げ物など美味。ヒレグロ属は日本産は1属1種、近年は海外から近縁種も輸入されている。タイセイヨウヒレグロは背鰭・臀鰭軟条が本種よりも多く、一方でアメリカヒレグロは長い胸鰭をもつことで区別できる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する