読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

タイコウボウダルマ

Asterorhombus cocosensis (Bleeker, 1855)

特徴 体長10cmほどの小型種。有眼側の斑紋は小斑があることもあるが、普通は顕著でない。背鰭第1棘が顕著に大きく、先端が枝分かれし、これをルアーのように使うという。ただし、これを使って餌を捕食したところはまだ観察されていないという。
分布 慶良間諸島。~フィジー、モザンビーク北部、西オーストラリアに至るインド・西部太平洋。珊瑚礁域の砂底にすむ。
生息環境 浅いサンゴ礁域の砂地に生息する。
食性 肉食性。
その他 日本産セイテンビラメは2種とされているが、Asterorhombus filiferと思われるものが撮影されている。日本で永らく使われたAsterorhombus fijiensis Norman, 1931は、Asterorhombus cocosensis (Bleeker, 1855)のジュニア・シノニムとされた。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する