読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

メガレイ

Pseudorhombus dupliciocellatus Regan, 1905

特徴 有眼側の後頭部に背鰭基底に向かう側線分岐をもつ。口は大きく上顎の後端は眼中央部を超える。有眼側の側線上・下方に2個の黒色斑からなる眼状斑がある。体長25cm。
分布 瀬戸内海、和歌山県、九州沿岸。~台湾、中国、東インド-西太平洋域。
食性 肉食性。
その他 定置網や底曳網漁業でたまに漁獲される。肉は食用になる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 名護市名護漁協の競り

2014.04.01

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する