読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ヒラサワラ

Scomberomorus koreanus (Kishinouye, 1915)

形態・特徴 体側に円形の斑紋がある。胸鰭の先端はとがる。サワラとよく似るが、サワラの第1背鰭棘数は19-21なのに対し、本種とタイワンサワラ14-18棘の範囲である。タイワンサワラとは、体高が頭長よりも大きいことにより区別できる(タイワンサワラではほぼ同大)。大きいものでは1.5mに達する。
分布 南日本。~インド・西部太平洋温帯・熱帯域。
生息環境 日本よりは東アジアに多いサワラで日本では数が少ない。沿岸域にすみ、長江の河口でも漁獲される。
食性 魚食性でイワシなどを捕食する。ほか、イカなども食べている。
その他 黄海では7月ごろに産卵するといわれる。底曳網や刺網などで漁獲される。美味ではあるが産卵期には味が落ちるという。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する