読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

クログチニザ

Acanthurus pyroferus Kittlitz, 1834

形態・特徴 背鰭棘数は普通8本とクロハギ属としては少ない。成魚では茶褐色の色彩で、鰓蓋部に大きな暗色帯がある。幼魚は各鰭が大きく、尾鰭後端が丸みをおびる。色彩は黄色もしくは体側前半が灰色、後方が暗色でコガネヤッコやヘラルドコガネヤッコ、ナメラヤッコによく似ている。これらの小型のキンチャクダイ科魚類は鰓蓋部に大きな棘を有しており、一種の擬態と考えられている。モンツキハギも幼魚は黄色の体色をもつが、モンツキハギでは背鰭棘数が9本であることで本種の幼魚と区別可能。体長25cm。
分布 幼魚は伊豆半島以南でも見られるが、成魚は琉球列島以南、小笠原諸島。~西-中央太平洋、キーリング諸島。ハワイ諸島にはいない。
生息環境 珊瑚礁域、岩礁域の浅所にすむ普通種。幼魚は南日本の太平洋岸でも見られる。
食性 藻類を主に捕食するが、動物質の餌も食べる。
その他 熱帯域では食用として市場にもでる。幼魚は鮮やかな色彩で観賞魚として流通する。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 宮崎県 日南海岸

2003.09.20

日本 沖縄県 那覇市の魚市場

2014.06.04

フィリピン サマール島

2011.01.20

日本 鹿児島県 奄美大島

2009.08.24

日本 鹿児島県 奄美大島

2009.08.24

サモア ウポル島

2008.04.27

日本 沖縄県 水納島沖

2008.05.24

フィリピン ボホール島

2010.06.02

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する