読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

オニテングハギ

Naso brachycentron (Valenciennes, 1835)

形態・特徴 尾柄部の骨質板は2個。雄の頭頂部には角状突起があるが、雌にはない。テングハギに似ているが、雌雄ともに体側背部は隆起する。尾鰭は湾入し、上葉は伸びる。体長90cmに達する大型種。
分布 沖縄島以南。~インド・西部太平洋。岩礁域に生息する。
生息環境 珊瑚礁域や岩礁に生息する。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 宮古島近海 那覇市泊いゆまち マルカ水産で購入

2014.08.13

フィリピン サマール島

2010.01.12

日本 沖縄県 宮古島近海(那覇市 泊いゆまち マルカ水産で購入)

2014.08.13

インドネシア ムンジャンガン島

2015.05.06

フィリピン ボホール島

2007.07.13

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する