読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

クロユリハゼ

Ptereleotris evides (Jordan and Hubbs, 1925)

形態・特徴 体は前半分が青みを帯び、後ろ半分が暗色。下顎下面には皮弁がない。尾鰭の上・下端に黒色線がある。幼魚は尾柄部に黒色と黄色斑をもつ。体長10cm近くになる。
分布 千葉県~西表島。~インド・太平洋域、紅海。サンゴ礁付近の砂底に生息する。
生息環境 沖縄ではサンゴ礁域、岩礁域、それらの周辺の砂底で普通に見ることができるが、本州南部の太平洋岸でも見られる。
食性 動物プランクトンを捕食する。
その他 ごく稀に釣れるが、食用としては利用されることはほとんどない。観賞魚となるが、飛び出さないように注意が必要。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 愛媛県 愛南町

2015.11.01

日本 和歌山県 串本 磯

2008.09.16

日本 愛媛県 愛南町

2002.09.05

日本 宮崎県 串間市

2015.03.17

インドネシア Wakatobi

2015.04.27

日本 千葉県 勝浦市鵜原

2015.09.26

日本 千葉県 勝浦市鵜原

2015.09.26

日本 沖縄県 阿嘉島ニシバマビーチ

2007.12.25

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する