読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

セイタカスジハゼ

Acentrogobius multifasciatus (Herre, 1927)

特徴 体長5cmほど。体側の斑紋はスジハゼ類に似るが、臀鰭に暗色斜走線があること、体高が高いこと、頭の大きいことで区別可能。ニセツムギハゼに似るが、下あごが黒くなく、鰓蓋を斜めに走る黒色帯がないことで区別可能。雌の腹部側面には数本の細い黒色横線がある。雄の老成個体には体側に複数の暗色横帯がある。
分布 沖縄島、石垣島、西表島。西太平洋域。汽水域にすむ。
分布 沖縄島、石垣島、西表島。国外ではフィリピンやシンガポールなどの西太平洋域で知られる。
生息環境 川に連なる内湾のアマモ場に主に生息するが、河口域や潟湖内の藻場にも棲む。泥底や砂泥底の穴入り口付近に単独かペアで見られる。テッポウエビ類と共生することもある。生息水深は2m以浅。

 
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する