読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ヒナハゼ

Redigobius bikolanus (Herre, 1927)

特徴 体長1~3 cm。体は太短く側扁し、頭部や体の鱗は大きい。顎の大きさには性的2型があり、雄の顎の後端は眼の後縁を越える。
分布 国内では東京湾、神奈川県~西表島、兵庫県の日本海側、隠岐、対馬、五島列島から知られる。インド・太平洋に広く分布する。
生息環境 渓流域をのぞく河川環境に生息。河口域付近に特に多く、水が淀んで、底に落ち葉などの堆積物がたまっている砂底でよく見られる。
その他 産卵期は琉球列島では5~7月、四国では7~9月で、卵は貝殻や底の平らな石の裏面に1層産み付けられる。雄が卵を保護する。もともと東海地方より西部に分布していた種であったが、1990年代後半に神奈川県で発見され、2000年に入って初めて東京湾内で採集された。昨今では京浜運河内で多く見られるようになり、地球温暖化との関連が疑われる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 鹿児島県 奄美大島

2009.07.29

日本 鹿児島県 屋久島春田浜に流れ込む小川

2013.10.10

日本 山口県 下関市木屋川河口付近

2010.06.07

日本 沖縄県 渡嘉敷島渡嘉敷川

2005.03.05

日本 山口県 下関市木屋川河口付近

2010.06.07

日本 沖縄県 沖縄島辺野喜川

2005.03.19

日本 山口県 下関市木屋川河口付近

2010.06.07

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する