読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

サラサハゼ

Amblygobius phalaena (Valenciennes, 1837)

特徴 体長は10cmほどになる。第1背鰭中央部の棘は長く、三角形をしており、第1背鰭に明瞭な黒色斑がある。尾鰭に前部上側に1黒色斑、後部に数個の青みがかった暗色斑が見られる。頬に青色斜走線がある。
分布 和歌山県、高知県柏島、琉球列島。台湾、南シナ海、北西オーストラリアにかけての太平洋。サンゴ礁域の砂底に生息する。
生息環境 サンゴ礁域内湾の湾奥の砂底や砂泥底に生息する。幼魚は河川の河口域でも見られる。生息水深は1-30m。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

フィリピン ボホール島

2007.05.31

日本 沖縄県 西表島

2014.04.21

日本 鹿児島県 奄美大島

2009.08.19

フィリピン フィリピン(サマール島)

2009.04.11

フィリピン サマール島

2011.12.11

サモア サバイ島

2008.10.18

日本 沖縄県 西表島

2014.04.17

日本 沖縄県 西表島

2011.10.30

日本 沖縄県 渡嘉敷島渡嘉志久湾

2005.10.31

日本 沖縄県 阿嘉島

2012.07.15

フィリピン サマール島

2011.01.09

グアム ココス島桟橋付近

2012.05.03

日本 沖縄県 久米島

2016.05.13

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する