読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

クロオビハゼ

Myersina nigrivirgata Akihito and Meguro, 1983

特徴 体長は10cmほど。体背面は灰色、腹面は白色、体側中央にこげ茶の縦帯を持つ。第1背鰭は伸長せず後部に1黒色斑がある、尾鰭後縁は丸い、鰓蓋部に青緑色点が多数あるなどで、近似のハゴロモハゼと区別可能。黄変個体がいる。
分布 石垣島、西表島。フィリピン。内湾の砂泥底にテッポウエビ類と共生する。
分布 沖縄諸島、石垣島、西表島;西部太平洋
生息環境 内湾の湾奥に生息する。軟泥底、泥底、砂泥底でテッポウエビ類と共生し、巣穴上でホバリングする。生息水深は3-25m。
その他 ヒメコガネハゼとされていたものは、現在ではクロオビハゼの黄変個体と考えられている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 本島北部の防波堤

2013.09.07

日本 沖縄県 今帰仁村>運天港

2007.10.02

日本 沖縄県 西表島

2014.04.20

日本 沖縄県 西表島

2011.10.30

日本 沖縄県 西表島

2014.04.21

日本 沖縄県 石垣島 浜崎堤防

2015.11.29

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する